角樽(つのだる)縁起の良い松竹梅【2.7L】 [0601-02]

角樽(つのだる)縁起の良い松竹梅【2.7L】 [0601-02]

販売価格: 12,000円(税別)

140サイズ: 300円がかかります

数量:
■縁起の良い松竹梅の角樽だから贈って喜ばれます。
■御祝・開店祝・上棟祝・新築祝等に喜ばれる角樽です。




材質 プラスチック製
容姿 化粧箱入り
大きさ 高さ50cm・幅26cm・奥行き26cm
重量 約6キロ
容量 2700ml(2.7L松竹梅特撰入り)
のし掛け 対応いたします
包装 包装はできません
ギフト 対応いたします
発送までの日にち 2日から3日(営業日)
その他 台座・朱杯は付いていません
送料 ヤマト運輸(140サイズ)
備考 1個に付き1件の送料適用

 

 

 

 

 

 





一般の慶事、一般の贈呈、慶事のお返しなど、何度あってもいい事に使います。のし紙上段には御祝等を、下段には贈り主の名前を中央に書きます。二名以上の連名で贈る場合、右側から目上の人の順で書きます。


結婚、弔事など、繰り返しではなく一度きりでよいことに結びきりは使います。

詳細事項

  • ■松竹梅の角樽・酒銘由来

    松竹梅―マツ・タケ・ウメは、奈良・平安の昔からめでたいものとされ、正月や慶事の飾りもの、絵画、染物などの美術工芸品、長唄や地唄などの歌舞音曲に取り入れられて、長い間、私たち日本人に親しまれてきました。このことは日本人の心のなかに、自然に向かって深い“つながり”を持とうとする気持ちのあったことを物語っています。

    “慶び”のシンボル―松竹梅が酒銘に“清酒之精華 松竹梅”と名づけられたのは大正9年。つねに人びとの“よろこびの清酒”でありたい…という願いからです。

    あらゆる祝いごとも清酒(さけ)づくりも、すべて花鳥風月に心情を託し、四季折おりの移ろいに心を慰めてきた日本人の伝統的な自然観の所産です。自然ということばが熱っぽく憧れをこめて語られるいま、改めて“松竹梅”ということばの意味を深く味わいながら、より香り高い清酒(さけ)をみなさまにおとどけしてまいりたいと思います。
  • ■松竹梅の角樽(つのたる)

    松竹梅の角樽(つのたる)はその縁起の良い名前から地元では祝い事すべていおいて人気があります。
    昔から縁起の良い松竹梅の角樽をぜひお使い下さい。

    ■寿
    ■御祝
    ■御礼
    ■奉納
    ■奉献
    ■寸志
    ■祝開店
    ■新築祝
    ■祝上棟
    ■御中元
    ■御歳暮
    ■御結婚御祝

    御祝事全般、おめでたい行事にお使い下さい。
    贈り物用としてのし掛けにも対応いたします。
    包装はできません。
  • ■角樽(つのたる)の話

    角樽は古く江戸時代の文化文政の頃、酒造りとともに樽造りが発達しそれが風情のある角樽を生みました。

    日本独特のかたちの美しさを今に伝え、祝儀物としての印象をいまなお受け継いでいます。

    始めは素材に柳を使ったものが杉に変わって樽も漆塗りの気品のある高級品になり、特に朱塗りの角樽は婚礼や祭礼などのおめでたい行事に使われるようになりました。

    なかでも一升ものは「一生連れ添う」と婚礼用に、半升樽は「商売繁盛」と縁起を担いで喜ばれ、商人のもとで用いられました。